H
O
M
E
A
W
A
Y

2020.10.11 [SUN]15:05 TIP OFF

FINAL

FINAL

宇都宮
84
HOME
宇都宮ブレックス
15 1Q 20
20 2Q 19
21 3Q 24
28 4Q 11
84 F 74
信州
74
AWAY
信州ブレイブウォリアーズ
  • 会場:ブレックスアリーナ宇都宮
  • 入場者数:1770人
レフェリー:上田 信彦/片寄 達/高城 邦弘

GAME REPORT

1Q

立ち上がり、ブレックスはオフェンスが重い展開になり、信州にリードを許してしまう。
ブレックスは、#22 ロシターの連続得点、#40 スコットのインサイドでやり返す。
しかし、信州に6本の3Pシュートを決められ、15-20で1Q終了。

2Q

ブレックスは、信州のディフェンスに得点に苦しみ、なかなかリズムを掴めない展開。
ディフェンスから素早いトランジションで#9 遠藤が3Pシュートを決めるなどし、流れを変えようと試みるも、終了間際に信州に3Pシュートを許し、35-39で前半終了。

3Q

堅守から#40 スコットがインサイドで3連続得点し逆転。
しかし、信州に連続得点を許し、再びリードを許して、我慢の時間が続く。
#7 テーブスが3Pシュートを決めるも、終了間際に得点を許してしまい、56-63で最終クォーターへ。

4Q

#4 ギブスがインサイドで力強く得点すると、#5 ピークのアシストから#9 遠藤が3Pシュートを沈めて逆転。
粘り強く守って失点を抑えると、#22 ロシターが2本のバスケットカウントを決めるなどし、一気にリードを広げる。
最後まで信州に苦しめられながらも、84-74で逆転勝利し、ホームゲームを死守しました。

安齋HC・選手コメント

<!–

–>


Source link