2020/12/27(日) シーホース三河戦 ゲームレポート | 宇都宮ブレックス















































































HOME


>


レポート


>
2020/12/27(日) シーホース三河戦 ゲームレポート






 

GAME REPORT

1Q

三河に先制されるスタート。

互いに点を取り合う展開の中、ブレックスは#5 ピークの連続得点、#18 鵤と#4 ギブスが3Pシュートを決めるも、三河に3本の3Pシュートを決められるなどし、19-20で1Q終了。

''

2Q

#31 喜多川と#7 テーブスが3Pシュートを沈めてリードを奪うも、三河に高確率でシュートを決められ、徐々に点差を広げられてしまう。

#40 スコットのダンク、#5 ピークのドライブインで対抗するもミスから得点を与えるなどし、35-51で前半終了。

''

3Q

ブレックスは堅守で失点を抑えると、#9 遠藤と#5 ピークの3Pシュート、#40 スコットのAND1などで12-0のランで一気に点差を縮める。

一時、1点差まで詰め寄るも、三河に3Pシュートを許し、60-70で最終クォーターへ。

''

4Q

三河のディフェンスの前にリズム良くオフェンスを展開できず、得点に苦しむと三河にインサイドで得点を重ねられ、点差を縮められない。

ミスから失点を重ねるなどし、リードを広げられてしまい、70-90で敗戦。

''















Copyright © TOCHIGI BREX INC. All Rights Reserved




























Source link