<!–

GAME HIGHLIGHTS

–>

BOX SCORE はこちら

GAME REPORT

<!–

    –>

    1Q

    序盤は得点に苦しむも、トランジションから3Pシュートを決めるなど#9 遠藤が連続得点。

    ディフェンスから流れを変え、#6 比江島、#40 スコットが得点。

    さらに#20 フィーラーが3Pシュートを決めるなどし、19-13で1Q終了。

    2Q

    #13 渡邉が3Pシュートを決めるも横浜に連続3Pシュートを許すなどして点差を縮められる。

    互いに激しいディフェンスの応酬となる中、#6 比江島がコーナーから3Pシュートを決める。

    しかし、終了間際に横浜に得点を許し、29-28で前半終了。

    3Q

    #6 比江島が3Pシュートを沈めると、#40 スコットがダンクを決めるなどし加点。
    しかし、横浜に3Pシュートを許すなどして逆転される。

    我慢の時間帯が続く中、#13 渡邉が2本の3Pシュートを決めてつなぎ、51-55で勝負の最終クォーターへ。

    4Q

    #13 渡邉が本日4本目の3Pシュート、そして#9 遠藤がジャンパーを決めて食らいつく。

    さらに#9 遠藤の3Pシュート、#6 比江島のジャンパーで同点に追いつく。

    フリースローで逆転に成功すると、全員で守り抜いて、70-67でタフなアウェーゲームで連勝を掴み取る。

安齋HC会見

#6 比江島選手会見

#9 遠藤選手インタビュー

#13 渡邉選手インタビュー


見逃し配信はこちら


Source link